お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新店】荒凡夫 蕎麦前と蕎麦三昧

正式にオープンしたようですが、プレオープン中に伺いました。
場所は、なにわ翁・和豊と近くに蕎麦屋さんがひしめく西天満。裁判所の直ぐ近くにあります。

我孫子の和さんの紹介で、是非とも荒凡夫へ行って下さいと薦められての訪問です。
荒凡夫 外観

店は、木の玄関とまっさらな白い暖簾が印象的な新店です。
(プレオープンの時だったので正式オープン後は追加があるかもしれません)メニューは、蕎麦は「もりそばの種類が二八・十割・粗挽き」「おろし蕎麦」、かけ蕎麦は冬場になると出るのかなと?


一品は「ポークジャーキー(300円)」「牡蠣の佃煮(500円)」「牡蠣のオイル漬け(500円)」
「粗挽きそばがき(1000円)」となります。
後は、日本酒・ビール・ノンアルコールです。

まずは、一品をということで「ポークジャーキー(300円)」を頂きました。
ポークジャーキー 300円

ポークジャーキー噛めば噛むほど、甘みや旨味が口の中で広がってきます。
魚もですけど、きちんと天日で干したものは、味わいがギュッと引き締まって旨味が凝縮されるんですね。

続けて、お店の方からサービスで「牡蠣のオイル漬け」をサービスで頂きました。
牡蠣のオイル漬け
牡蠣のオイル漬けはねっとりとした食感で、 潮の香りがほんのりと漂い、少し苦みがあります。

お蕎麦は「そば三昧(1600円)」を頂きました。
まずは、二八蕎麦から
二八蕎麦

蕎麦は福井県産の蕎麦。二八蕎麦の感想。
大阪の蕎麦屋さんを何軒か行った中でも二八を出している店で比べても凄くいい蕎麦を出しているという感を受けます。
蕎麦つゆが、かえしの割合・かえしも濃い辛汁で3分の1程浸けてそばをすすります。
個人的な好みで申し訳ないですけど、どっぷりと浸けてたべるより、辛汁で蕎麦を3分の1程浸けて一気に手繰った時に、蕎麦つゆが付いてくるのがいい蕎麦汁だと思います。

山葵も、生山葵を鮫皮卸しで擦ったものを出して下さいます。(これも個人的な話ですが、粉山葵を出してくる店では、蕎麦に山葵を付けて食べません。間で、山葵だけを食べはしますが。。。)

次に、十割蕎麦を出して頂きます。
荒凡夫 十割蕎麦

十割蕎麦になると口の中で蕎麦の香りが一気に広がります。
蕎麦のコクというものを感じるのは、何か久しぶりという感触です。
二八と比べてやはり味わい深さが違うなぁと感じますね。

最後に粗挽き。
荒凡夫 粗挽き
他の蕎麦と比べて少し太め・平打ちになっております。
もう蕎麦が出された時点が香りが漂うような凄み。
もう蕎麦の濃厚さ・コク・香り、それをこの辛汁がしっかりと受け止めてくれる。
食べ終わると余韻が漂います。

最後に蕎麦湯を頂きます。
荒凡夫 蕎麦湯
蕎麦湯は、どろ〜としいた蕎麦粉を溶いたタイプです。

ほんと良い蕎麦屋さんでした。場所も通いやすい所なので、これから何度も通わせて頂きます。

最後、私事で恐縮ですが、実はカメラのレンズ買い替えました。標準ズームレンズではF値が高くうまくボケてくれない・・・。新しいレンズはF値が1.4の単焦点(ライカ・ズミルックス)、明るくうまくボケてくれます。
まだ、古いカメラ・古いレンズで獲った写真で書いてないものが多くあります。今後もお付き合い宜しくお願い致します。



荒凡夫

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | なにわ橋駅南森町駅北浜駅



日本百名城 登城記録

旅先で蕎麦屋を巡るのと同時に、城・一宮など巡るようにしております。
蕎麦だけのブログでも手が一杯なのですが、自分の巡った記録も残したいので、
登城記録・参拝記録も残したいので書いていこうと思います。

日本百名城 登城記録

【北海道・東北】
1.根室半島チャシ跡群(北海道), 2.五稜郭(北海道), 3.松前城(北海道),

                                      RIMG2667.jpg
  4.弘前城(青森),     5.根城(青森),                  6.盛岡城(岩手),

7.多賀城(宮城), 8.仙台城(宮城), 9.久保田城(秋田),

                                        RIMG2808.jpg
  10.山形城(山形),         11.二本松城(福島),          12.会津若松城(福島),

13.白河小峰城(福島)


【関東・甲信越】
14.水戸城(茨城), 15.足利氏館(栃木), 16.箕輪城(群馬),

17.金山城(群馬), 18.鉢形城(埼玉), 19.川越城(埼玉),

20.佐倉城(千葉), 21.江戸城(東京), 22.八王子城(東京),

                武田神社     P8254032.jpg

23.小田原城(神奈川),      24.武田氏館(山梨),         25.甲府城(山梨),

26.松代城(長野), 27.上田城(長野), 28.小諸城(長野),

  RIMG0595.jpg
    29.松本城(長野),         30.高遠城(長野),        31.新発田城(新潟),

32.春日山城(新潟)


【北陸・東海】
                                       RIMG0812.jpg
33.高岡城(富山),    34.七尾城(石川),                      35.金沢城(石川),

36.丸岡城(福井), 37.一乗谷城(福井), 38.岩村城(岐阜),

39.岐阜城(岐阜), 40.山中城(静岡), 41.駿府城(静岡),

42.掛川城(静岡), 43.犬山城(愛知), 44.名古屋城(愛知),

岡崎城      長篠城跡
45.岡崎城(愛知),               46.長篠城(愛知),              47.伊賀上野城(三重),

48.松阪城(三重)


【近畿】
49.小谷城(滋賀), 50.彦根城(滋賀), 51.安土城(滋賀),

                                         P1100668.jpg
   52.観音寺城(滋賀),         53.二条城(京都),           54.大阪城(大阪),

55.千早城(大阪), 56.竹田城(兵庫), 57.篠山城(兵庫),

58.明石城(兵庫), 59.姫路城(兵庫), 60.赤穂城(兵庫),

61.高取城(奈良), 62.和歌山城(和歌山)


【中国・四国】

                  RIMG1857.jpg
63.鳥取城(鳥取),              64.松江城(島根),      65.月山富田城(島根),

66.津和野城(島根), 67.津山城(岡山), 68.備中松山城(岡山),

               岡山城
69.鬼ノ城(岡山),         70.岡山城(岡山),         71.福山城(広島),

72.郡山城(広島), 73.広島城(広島), 74.岩国城(山口),

75.萩城(山口), 76.徳島城(徳島), 77.高松城(香川),

78.丸亀城(香川), 79.今治城(愛媛), 80.湯築城(愛媛),

81.松山城(愛媛), 82.大洲城(愛媛), 83.宇和島城(愛媛),

84.高知城(高知)


【九州・沖縄】
85.福岡城(福岡), 86.大野城(福岡), 87.名護屋城(佐賀),

88.吉野ヶ里(佐賀), 89.佐賀城(佐賀), 90.平戸城(長崎),

91.島原城(長崎), 92.熊本城(熊本), 93.人吉城(熊本),

94.大分府内城(大分), 95.岡城(大分), 96.飫肥城(宮崎),

97.鹿児島城(鹿児島), 98.今帰仁城(沖縄), 99.中城城(沖縄),

100.首里城(沖縄)

【番外】
              RIMG0737.jpg    P6080011.jpg
      長浜城         富山城             岸和田城

北浜 土山人 「温泉卵と甘酢漬け野菜の冷かけそば」

私事ですが、以前使っていたコンデジが故障により、ミラーレスに買い換えたのですが、カメラのスペックは高いが腕が伴わない、手ぶれもするなど、ボケが出ないなど、まだいい写真が撮れてません

撮影の練習に中之島公園に行った帰りに訪れた店は、北浜・土山人。
P6080297.jpg

夏のメニューが出てますね。もりを食べるのもいいけど、さっぱりと冷かけを頂きました。
今シーズン初めての冷かけです。

この店の冷かけの種類は凄いですね。酢橘の冷かけは最近ではよく見かけますが、4種類も置いてあります。
 「すだちの冷かけそば(1180円)」 「温泉卵と甘酢漬け野菜の冷かけそば(1380円)」
 「鶏ムネ肉と水菜の冷かけ蕎麦(1480円)」「初ガツオの冷かけそば(1680円)」


温泉卵と甘酢漬け野菜の冷かけそば(1380円)」を頂くことにしました。
P6080313.jpg

入っている野菜は、「茗荷・ズッキーニ・大根おろし・かいわれ」この中でズッキーニが甘酢に漬けたものを用いておりましたが、これが水茄子のような水々しさと食感があっり、甘酸っぱさが夏らしさを演出しております。
これに鰹の冷たい出汁の味わいが、ぐっと味わいを引き締めてくれます。

蕎麦は、普通の太さですが冷かけで頂くとチュルチュルという、唇から舌へ続く食感と喉越しの良さが見事であります。
この温泉卵を割ると出汁の味わいがまたまろやかになるので2度楽しめるというのも面白い発想です。
(温かいかけ蕎麦だと月見蕎麦という発想があるが、冷かけでどう作るのかとなるとこういう方法があったのかという面白さもあります。)

余談、月見そばに関する議論、『石黒正数著 それでも町は廻っている』で書かれてましたね。
面白い漫画ですので、興味がありましたらご一読下さい。

土山人 北浜店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 北浜駅淀屋橋駅なにわ橋駅





玉笑「焼味噌」「粗挽きせいろ」

東京へ行った際に寄った蕎麦屋さんの一つです。

タイヤ本の評価で一ツ星の評価を受けた店でして、行列必至と聞いていたのですが、開店前に伺ったことで一番目のお客でした。この後、続々とお客さんが入ってきます。
(他の地域へ行く時やあまり詳しく無いジャンルの店を知るのに、便利なんですけどこの本の関係で行列無しに食べれなくなった蕎麦屋さんが何軒がとんでも無い行列で、行きにくくなったなど一長一短です。)

事前情報によると熱もり蕎麦が有名のようです(周りのお客さんは玉子とじ蕎麦を頼んでいた方が多かった。)けど、東京の方で熱盛を食べる事ができる店は少ないのでしょうけど、地元大阪では熱盛蕎麦を食べる事ができる店は何軒かあります。
あと6月中旬にも関わらず暑い日、そして重たい荷物を持っての移動といいう事で、無難に粗挽きせいろ(1050円)を頂きました。

蕎麦前は、かなり値のはる店ですので、無難な値段のそば味噌(630円)を頂きました。
(食べログ情報によると、945円もする板わさが三切れしか入っていなかった。など色々と聞いております。)

以下メニューとなります。
P6210007.jpg P6210008.jpg

まずは蕎麦が茹で上るまで、焼き味噌(630円)を頂きます。(この値段も少し高く感じます。いわいる都内価格なのかな??)
P6210014.jpg
焼き加減が焦げ目をつけるなどして、カリカリ感を出している焼き味噌です。
味わいは、ギュッと味噌の味わいの濃さを凝縮させたググッとくる味わいでございます。
お酒がいいものを置いているようでして高いので、今回は頂きませんでしたが、これは酒かご飯が欲しくなる味わいでした。

以前、京都のかね井で頂いた、そば味噌は白味噌を混ぜているのかクリーミーな味わいでこれは素晴らしいという味わいだったのですが、この店の蕎麦味噌は対極の味だったのですが、この味の濃さは値段相応の味わいがあります。

そば味噌を味わっているうちに。「粗挽きせいろ」(1050円)が出てきました。
P6210018.jpg

まず、薬味は葱と山葵。この山葵も生山葵を鮫皮で卸したものでツーンという辛さが一瞬ありながらも直ぐに辛さが口の中から消える最高品質のものを用いております。
蕎麦はまずは、蕎麦のみを写した写真を観て頂きたいと思います。
P6210022.jpg

蕎麦の粒子が出てきた瞬間に飛び込んできます。この粗めの少し太切りのこの蕎麦は香りが抜群でここまで香りがする蕎麦は、初めてです。
この蕎麦を少し辛めの蕎麦つゆに先の方3分の1を浸けて一気に手繰ると蕎麦の香りと味わいが口の中で広がるとともに、他の店のそれよりもすこし乾き気味のような蕎麦がつゆの味わいを一気に引っぱり込んできて、*付きの理由が分かります。

ほんと、凄いです蕎麦の世界、やっぱり奥が深いなぁ〜。
食べた後に残る余韻。そして店を出た後に名残惜しさを感じる、こういう蕎麦屋はやっぱり凄いよなぁ。

玉笑

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 明治神宮前駅表参道駅原宿駅



雅屋 「たたきごぼう」「ざる蕎麦」「いなり寿司」

甲子園の駅から徒歩15分程歩いた所にある蕎麦屋さんです。
人気のある店で、予約されてるお客様もいるくらいで、店で食べるのに少し待つ必要がある程の人気店です。

RIMG3635.jpg

私も、2度目の訪問ですが2回とも中で席が空くのを待ちました。

外観はちょっと古さを醸し出している雰囲気ですが、中は掘りごたつ席と2人掛けの机で構成されているお店です。

蕎麦の種類は、冷たいそばは以下の通り
 ざる蕎麦(840円)、つけとろ(1050円)、天おろし(1080円)、鴨汁(1400円)、天ざる(1600円)
温かい蕎麦は以下となります。
 かけ蕎麦(840円)、かま玉(840円)、きざみ蕎麦(940円)、梅わかめ(1050円)、にしん蕎麦(1260円)
 地鶏南ばん(1350円)、鴨南ばん(1350円)、天ぷら蕎麦(1600円)となります。

まずは、蕎麦の前に「たたきごぼう(360円)」がどのようなものなのか気になり頂く事にしました。
IMAG0205.jpg

蕎麦の値段が1000円を切るものを食べる時は、蕎麦の前に何か頂くようにしようと考えてます。
牛蒡を酢に漬けたもので胡麻を軽く和えております。
牛蒡の独特の歯応えで噛むと甘酢っぱい酢の味わいが口の中でほとばしります。
これほど甘みがある牛蒡は一本一本惜しみながら頂いてるうちに蕎麦が供されました。

「ざる蕎麦(田舎、840円)」と「いなり寿司(1個80円)」
IMAG0208.jpg

蕎麦は島根県松江産の秋鹿在来種とのことです。
綺麗な細打の蕎麦で田舎ですので、2番粉まで挽いているでしょう、蕎麦の味わいの濃さがきっちりと出ており、蕎麦を鼻の近くに持っていくとふわ〜と香りが広がります。
腰も強く、チュルチュルという食感は喉越しも抜群です。

蕎麦つゆは鰹出汁をベースに使ったすこし甘めの蕎麦つゆでした。
いなり寿司も酢飯・油揚げともに甘さが強い味わいでした。

いい蕎麦を出す店は、薬味もいい。

IMAG0210.jpg

生山葵は、蕎麦に載せて食べてもいい、また生山葵だけを間に挟んでそれだけで頂くのもまた良いものです。
あと、葱なんですが、変な店に行くと繊維が壊されてしまい苦みだけが際立つのですが、この店は葱の香りがしっかりしております。

最後の蕎麦湯は濃いめのものを出しておりました。
IMAG0211.jpg



雅屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 甲子園口駅


ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
625位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。