お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ぷら 大蔵

RIMG1469.jpg


祭りの時に友達が帰ってきて、一緒に祭りを観にいったときによった店です。
(以前に、一度行ったことがある店なのですが、写真を無くしてしまいupできていなかったのです。)

何が旬といいますと、朝の連続テレビ小説の舞台の商店街にある天ぷら屋さん。
商店街の中の入り込んだ場所で、近くにはミシュランで2ツ星を獲得したふぐ料理や喜太八が近くにあります。
(近くには、喜太八が経営している河豚の博物館もあります。)

地元で祭り以外でも観光客を呼び込みたいと最近頑張っている町です。
祭りだけでなく、お城も昔からの狭さが残る紀州街道、日本で唯一の明智光秀の肖像画など観る価値のあるものも
あります。

RIMG1460.jpg

先から見ると絶対に料理屋とは分からない、横を通り過ぎてしまうような、目立たないお店やな〜と連れが言ってました。
私は、何度も前を通ってるから知ってたけど、言われてみれば確かに分かりにくい場所ですすね。
(店の前に庭があって、奥に入ってしまってるからやろうなと連れと言ってました。)

ちなみに、お昼は予約なしに入れるのですが夜は前日までの完全予約制のお店です。
大体の事情は分かるのですが、ここでは書かないでおきます。

RIMG1469.jpg

前回は、天重の並を頂いたのですが今回は、私も連れも幸(みゆき、1600円)を頂きました。
天ぷらが天ぷら六品、小鉢二品、御飯、吸い物、香の物、デザートが入ってますね。

天ぷらのタネ(おそらく日替わり)は南京・玉葱・茄子・三度豆・海苔・海老(写真には入ってませんがデフォルトでは海老です。)
と入ってます。
どのネタも店の目利きがいいからでしょうけど、野菜の甘さや苦みがそれぞれ立っているお味です。
衣は、薄衣でうどん屋・蕎麦屋の天ぷらを食べることが多くなっている最近では、やっぱり天ぷらやの天ぷらとうどん屋の天ぷらとでは違う物だというのが、再度実感できますね。

天ぷらはかなり濃厚な本節から取った天つゆか塩で頂きます。
この薄衣がサックという食感を生み出すのでしょうね。

RIMG1471.jpg

ごはんは、ちりめんご飯を出してくれるというさりげない配慮も好感です。

後、この店で見てほしいのは、中庭の美しさです。
RIMG1470.jpg

この中庭を観て頂くと、味が何倍も美味しく感じるでしょうね。
是非、写真観てください。

《主なお品書き》
幸 1600円
和 なごみ (夜のお食事)(前日までの予約必要) 3300円


閉店致しました。




関連ランキング:天ぷら | 岸和田駅蛸地蔵駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
844位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。