お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮨 しらはた 特上握り

RIMG2496.jpg

まず東北に降り立って、松島に寄る前に塩竈によって鮨を食べに行ってまいりました。
ここ塩竈は、日本で一番鮨屋の数が多いと紹介されております。

三陸の漁港がありそこのいい素材が入ってくるのですね。
いつも参考にさせて頂いております「ウィーンの森物語」さんが、すし哲を絶賛されていたのでそちらへ行こうかと思っておりましたが、残念ながらお休みでしたので鮨しらはたさんへ。
RIMG2493.jpg

しらはたさんは、すし哲さんの弟さんがやっている店で、仕入れルートも出している内容も同じ物を出しているので、違うのは店のハコと握っている方の違いとのことです。
地元の観光協会の方曰く、「すし哲」はどちらかというと観光客の方の方が多い、逆に、「しらはた」さんは地元のお客様の方の比率が高いそうです。

私が行ったのは、平日なのですが、土日はどちらも行列覚悟のお店だそうです。

今回頂きましたのは、特上握り3150円。その上に、おまかせというのがあるのですがこの日はできないとの事です。

RIMG2496.jpg

特上握りの内容は「雲丹・白ぼたん海老・いくら・ホッキ貝・鮑・トロ・鮪・穴子・子持ち昆布・玉子、鯵
それに、観光協会で鮨券を頂いたので、生蛸の握りをサービスして下さいました。
汁物は「毛蟹の味噌汁」か「メヌケの味噌汁」。両方とも420円です。
毛蟹は大阪に帰っても食べれるし、「メヌケにしとき」と大将に薦め
られたので味噌汁はメヌケの味噌汁を頂きました。

このメヌケの味噌汁ですが、味噌汁そのものは薄味で魚の骨等から出た出汁の味わいが強いのですが、具のメヌケは弾力が強くてプリプリとした脂気の強めのお酒でした。

握りそのものは、三陸の味わいというかネタそのものの甘みが強いというよりキャラが立っているという味わいです。
特に穴子がとろけるような柔らかさでふんわりとしていて、しゃりのほぐれ具合との相性が抜群です。
なんやかんやで、鮨屋さんも結構行ってますが、その中でもベスト3を選ぶなら絶対にこの店いれますね。

サービスの生蛸はプリプリとしていて、味に強い個性はありませんがほんのりと甘みがありました。
RIMG2499.jpg

最後に、もう一皿。本日より入荷ということで北海道産の秋刀魚を頂きました。
RIMG2500.jpg
1貫は腹を一貫は背を食べて下さいとのこと。
初物なのに凄い脂の乗りが良くて、切れ味が澄んだ味わいで、ちょっと仕事しているのがどの鮨にも現れてますね。

最後にデザートで苺のシャーベットも出して下さいます。
RIMG2502.jpg

堪能致しました。

店のひと曰く、「高い鮨屋さんじゃなくて良い鮨屋さんを見つけてね」とのこと。
なるほど、たまに行くことのできる価格帯で本物のおお鮨をお出ししてくれる店が一番ですね。



関連ランキング:寿司 | 本塩釜駅西塩釜駅

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
605位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。