お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川京 宍道湖七珍料理

出雲大社を出た後に、松江に戻り向かった店はこちら川京。
RIMG1810.jpg

宍道湖七珍を用いて、大将が手の込んだ創作性を生かした料理が食べれるお店です。

人気店ですので、私は2週間前に予約して席を確保いたしましたが、地元客から観光客、もう一度こちらの店で食べたいから松江に来たという人がいる程の人気店です。
席数も少なくカウンターのみの店ですので、行かれる方は早めに予約をする事をお勧めいたします。

場所は松江でも飲食店がひしめき合っている末次本町にあります。

まずは店主の経歴ですが、あまり調べても出てこないのです。
解った事は、店主は30年以上も前のドラマのモデルになったという事くらい。小林薫が演じたようです。
娘さんも一緒にやっていて、イタリア留学経験があるそうです。

今回はコースで頂いたのですが、「宍道湖七珍コース(4200円)」
メニュー欄にも書かせて頂きましたが「3150円のコースの内容に、川京の人気メニューが3品追加」のコースです。
特に鰻を使った料理が人気で、他所では食べる事が出来ない料理なのです。
この日、隣に座った方も一人旅の方でしていろいろと話したのですが、この鰻料理を食べたい(特に鰻雑炊)が為に2年に一回程、鹿児島から旅行に行く際に松江によってここの料理を食べるようにしてるんですとのこと。

料理の説明に入る前に、松江の郷土料理「宍道湖七珍」とは、宍道湖で獲れる魚介類で
スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、ヤマトシジミの7種類を指します。
年中7種類が食べれる訳ではなく、季節によって食べれない食材もあります。


RIMG1821.jpg

まずは付き出しからですが、「炙りわかめと変わり枝豆」
この料理は炙りワカメはそのままだと思います。
バリバリとした味わいで、少し塩味が付いていて早くも日本酒が進みますね。

枝豆は茹でた後に醤油・ゴマ油をつかって馴染ませているりょうりした。
プリットした食感はそのままで枝豆に醤油の馴染んだ味わいが感じる料理です。

RIMG1827.jpg


2品目は「もろげ海老と鰻の骨せんべい」
同じく宍道湖七珍の一つもろげエビ(車海老の仲間)を唐揚げにした物です。
大きさはそれほど大きい物ではないのですが、そのまま食べる一皿。
何度も書いてますが、海老は食べれるけど嫌いなのです。。。
骨せんべいももろげ海老もバリバリという食感で、皮は薄くて頭まで食べれるエビです。
頭まで食べても苦みは感じなかった。

RIMG1828.jpg

3品目は「白バイ貝」

RIMG1829.jpg

4品目は「鰻のたたき」
この店の名物メニューでこの鰻のたたきが川京を有名にした料理と言えるそうです。
この料理も全国探してここだけとのこと。
白焼きにした鰻をたたきにして、特製のたれを使った料理。
鰻の味の強さを更に、強く押し出すような味わいの料理でした。
これが、ドラマになったきっかけの料理でもあるようです。


せっかくこういう郷土料理の店なので、飲み物はやっぱり地酒でいきたい。地ビールというのもいいかもしれませんね。
結果、私が頂いたのは、「豊の秋」です。

RIMG1819.jpg


少し甘めでふくよかな旨味が口の中で広がり、後口が軽やかなお酒でスッキリとした味わいのお酒で、ここの料理は
濃い目の味付けの料理が多いので、こういうふくよかな味わいの日本酒が合いますね。

RIMG1838.jpg
折角ですので、この店のオリジナルのカクテルも頂きました。

5品目は「鰻くん」

RIMG1831.jpg

この料理は鰻の薫製です。
鰻をレモングラッセを使って香り付けした薫製で、鰻を燻すことによって鰻がぎゅっと身がしまっていて
レモングラッセの香りが広がって、こういう鰻の食べ方もあるのかと思わせてくれる料理です。

RIMG1833.jpg

6品目は「【刺身盛り合わせ】まつご、あじ、いくら、鯛」

7品目は「お助けしじみ」
RIMG1835.jpg

これも店主の創作でこちらの店の人気メニュー。
宍道湖七珍にあたる「やまとシジミ」を濃い煮汁で酒蒸しした料理です。
「これを食べると明日は絶対に二日酔いはしません。肝臓もスッキリで飲める。」なのでお助けシジミと解説しておりました。
煮汁は後で、雑炊か吸い物になるので残しておいて下さいとのこと。

宍道湖産のシジミは、漁獲量は日本一。
お助けシジミのシジミは黒シジミ(泥の所に住むのが黒シジミ、砂地に住むのが黄シジミ)です。
黒シジミは主に関東方面で黄シジミは関西で好まれるのです。


8品目は「鱸の奉書焼」
RIMG1837.jpg

今回の旅の目的の一つは鱸の奉書焼きをどうしても食べたかったのです。
もいろん松江を代表する料理ですので、置いている店はあちこちにあるのですが、1品で7000円と予算オーバーの店や「コースには含まれておりません、事前予約が必要」という店が多い中、こちらの店はコースに含まれてきているというのが良かったです。

こちらの鱸の奉書焼きはコースだと半身で入ってきます。
鱸の奉書焼きは、「漁師が焚火の熱灰の上で魚を焼いて食べているのを藩主・松平不昧公が見て、所望したところ、灰が付いたまま差し出すのはあまりに恐れ多い、と奉書に包み蒸し焼きにして献上したところ、大変喜ばれたというのがスズキの奉書焼の始まりだという。
色々と大将が拡声器を使って説明して下さります。

そういういわれのある奉書焼きですが、鱸のふんわりとした味わいでした。
この料理、鱸という魚は海水と淡水の重なり合う所に多い魚なのですこし臭みも感じる魚なのですが
紙に包む事で臭みは取られて、鱸の味を外に逃がさないんです。
(シジミの所でも書きましたけど、宍道湖は海水と淡水が入り交じる汽水湖なので、宍道湖の海産物は豊富で美味しいんです。)

これをポン酢に付けて頂きます。
ふっくらとしていて、淡白ながらも脂ののった味わいです。

9品目は「しじみ汁」
RIMG1839.jpg

先ほどのお助けシジミのシジミの出汁を伸ばして作ったのがこのシジミ汁です。
すごく香りのいいお吸い物でして、上には昆布の味で・もずくのような食感・の種が入っていたのですがなんなのか解りませんでした。

10品目は「塩辛フォンデュ」
RIMG1844.jpg

塩辛をフォンヂデュ鍋で煮詰めてそれに大根・人参などをバーニャカウダ風に食べるという料理です。
塩辛を煮詰めているのでこれもまた濃い味わいの料理なのですが、これに野菜スティクを付けて食べると
独特の辛さと野菜の甘みが巧く合わさっているお料理でした。

11品目は〆の「鰻雑炊」
RIMG1845.jpg

これも川京の人気メニュー鰻雑炊。
これも大将のオリジナルの創作鰻料理なので日本全国で鰻の雑炊が食べる事ができるここだけと言っていたら、京都の三十三間堂近くにあるわらじやが出していると聞いたので大将はびっくりして京都まで食べに行ったそうです。
一人前6000円の鰻鍋とう雑炊。
「あっさりした味わいだったらしく、うちの鰻雑炊と違ってほっとした」との事です。


12品目はコースとは違うのですが、こちらの鰻料理の数々を食べて行く上でどうしてもこの鰻を正統な鰻丼で食べたかった。
RIMG1847.jpg
なので鰻丼を半分の大きさで作ってもらいました。
こちらの鰻丼は身の締まり具合が違いますね。
たれも濃厚で甘みが強いのですが、鰻の強さに負けないようにとなっているのでしょう。

13品目はデザートとして「梨と柿」を切って下さいました。
RIMG1848.jpg

途中で名古屋からの一人旅の方が加わって一人旅3人で宍道湖の恵みに乾杯といった夜でした。

明日は、松江市内を回ります。

最後に、普段は思想信条に触れる事はなどは書かかにようにしてたのですが、宍道湖を語る上でこの問題についてだけは避けて通れないので書かせて頂きます。

この宍道湖七珍が食べれなくなるのでは?と言われた宍道湖・中海ー淡水化計画(干拓と同時に水門を作って宍道湖を淡水化し農業用水にするという計画)ですが、2002年に淡水化事業が中止、水門は2009年に撤去されこれからも、宍道湖七珍は食べる事ができます。

ただ同じような問題は日本中にあり、長良川河口堰問題、有明海の干拓事業などを筆頭にダム・河口堰・干拓・埋立といった公共事業が自然の生態系を破壊すればそこに住む生物に寄っては絶滅の危機に瀕するかもしれません、この公共事業のあり方はきちんと考えないといけないと思いますよ。



関連ランキング:郷土料理(その他) | 松江しんじ湖温泉駅松江駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
607位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。