お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まき埜 「すだち蕎麦」「やまうに豆腐」「押し鮨」

RIMG0999.jpg



実は、この日はここにいく予定じゃなくて、「8人の蕎麦打ち」という凡愚一門のイベントに行って蕎麦を食べるつもりだったのですが、このイベント10時半開始で15時までの時間だったのですが、11時に着くともうチケットが売り切れでした。このイベント、事前予約も出来ず当日券のみの発売にも関わらず、意外と関西も蕎麦好きが多いことを感じた。

この日、一緒に行った蕎麦屋の大将と仕方ないし、どっか別の蕎麦屋でも食べに行きましょうかいうことになって、ここへ行くことになりました。

他にも、たかまさんで天盛りもいいかなとか色々と話したのですが、この暑い夏ならではの蕎麦をということで、まき埜さんのすだち蕎麦がいいなということで、行ってきました。

RIMG0990.jpg


店に入ったところ、すでに3組もお客さんが並んでます。店に入っての感想はえらいモダンな感じの内装で外壁の白さと同じ感じで、新しい雰囲気の蕎麦屋さんですね。普段、蕎麦屋って入りにくいなと思っている方も入りやすそうな雰囲気です。

メニューを観ても酒の肴が充実しているなという印象もあります。

RIMG0991.jpg

蕎麦屋で日本酒飲んでそば前を楽しんで、最後の〆で蕎麦を1枚とか食べるのって通だ、粋で憧れるんですけど。
これ、前も書いたけど「金魚が泳がない」とい言葉があるよに蕎麦屋に置いてるお酒はいいの置いてるんですよ。


肴も居酒屋であるようなのとと違って、濃いめの味付け・量が少ないんですけど、蕎麦屋なので蕎麦を食べる前に肴で満足するわけにはいかない。まぁ、一緒に行った蕎麦屋の店主は、うちは出せない訳じゃないけど、肴を出すと長居する客が出るし、蕎麦も半斤でとかいうお客さんが増えるから出せへんねんけどと言ってましたが。
そのお店は、最近になってお客さんの要望が多かったのでかき揚げ(丘天です)を2種類出すようになりました。

まぁ、この肴があるからこれだけ待たされたんでしょうね。待ち時間は3組で40分ほど待ちました。。。

私は、蕎麦屋の酒と肴は一つの楽しみだと思います。ある星付きの蕎麦屋さんは、元々は和食の料理人だったのでそば前を充実させたかったようですが、師匠に「肴は日替わりで3品だけに集中しなさい」と教えられた名店もあります。

この店は、肴多いですね。楽しみな肴も多いです。
まずは大好きなやまうに豆腐(300円)を。
RIMG0997.jpg

ここの結構柔らかいですね。文目堂・蕎麦切りからにとこの山うに豆腐を食べてますが、どこの店のも特徴があっていいですね。ねっとりとしていて、甘みを感じつつも味噌の味も生かされていて美味しいですね。

一緒に行った蕎麦屋の大将は、押し寿司(3貫)400円を注文。これ、平日は+100円で食べられるようです(貫数は不明)。羨ましい。

RIMG0996.jpg


押し寿司はバッテラです。鯖はちょっと薄目ですが、ごはんが柔らかめで押し寿司にも関わらず少しふんわりしている押し寿司でした。でも、美味しい。

蕎麦屋の違いとかレベルを測るにはやっぱり「もり蕎麦」を食べたい所なんですけど、別に蕎麦通でも無いし店のスペシャリテを食べたいので、すだち蕎麦を頂きました
RIMG0999_20140205192610bb7.jpg


すだち蕎麦、見た目から涼しげでこの季節にぴったりです。
蕎麦は、白い更級系の蕎麦です。茹で時間を敢えて短くしているのか、固めの仕上がりの麺ですね。
蕎麦の水回しの時の繋ぎに卵白を入れると腰が出るのですが、そういう事をやっているようにも思えない。
蕎麦は、二八蕎麦です。食べていて、穀物を食べているという感覚の十割とは違うのでそう二八と考えられます。

ちなみに、もりそばの蕎麦とこのすだち蕎麦の蕎麦は特に打ち分けているとも思わないです。

ただ、このすだち蕎麦の汁が絶品なんです。さっぱりとした酢橘の酸味が程良いものですが、この出汁は焼きあごから取ってると思います。雑味も全くなく洗練された味の出汁で、鰹や鯖節を使うと味が強くなるのでこれになったんでしょうね。

あと、大将の弟子が注文したもり蕎麦を頂いたのですが、そばつゆは関東の方のそばつゆです。
関西で、ここまで濃い蕎麦つゆを出す店は殆ど当たったことが無い。
みりんは使っているが出汁で割る比率が低いのでしょう。なので、かえしの味そのものを感じるのにいいお店です。

この店は、次回絶対にもりそばを食べに行かねばと思わせられる店でした。

ご馳走様でした。

《主なお品書き》
もりそば 900円
田舎そば 900円
二種盛り 1400円
おろしそば 1100円
海老天ざるそば 1400円
鴨ざるそば 1500円
釜揚げそば 900円
梅おろしそば 1000円
鴨なんそば 1500円
山うに豆腐 300円
板わさ 500円
鮎のなれずし 500円
やきみそ 500円
鶏わさ 650円
酒肴盛り 1200円





関連ランキング:そば(蕎麦) | 福島駅西梅田駅北新地駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
844位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。