お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和豊 「カレーそば」「玉子かけご飯」

今回訪問したお店は、こちら。
RIMG3274.jpg

2012年に西天満にオープンした比較的新しい蕎麦屋さんです。
場所は、裁判所の近く、ミシュラン1ツ星の蕎麦屋さんなにわ翁が、同じく近くにあります。

なにわ翁は、季節の蕎麦が充実しているのですが高い、それに対しこちらの店は庶民的な価格で利用できるのでうまく 棲み分けができるのでは無いかと思っております。

そんな中、今回頂きましたのはカレー蕎麦と玉子かけご飯
お昼は、ご飯物が付いた定食があり、またカレー蕎麦はレギュラーメニューでは無く日替わりで出している蕎麦の一つのようです。(店の人と話した所、カレー蕎麦は土曜日に出てくる事が多いそうです。)
RIMG3282.jpg

「カレー蕎麦」と「玉子」と「ご飯」この出し方、この玉子の使い方をどうするか?ご飯をどのようにして食べるか?という難題がまずは持ちかけてきます。
「玉子とご飯を合わせて玉子掛けご飯にして楽しむ」「玉子をそのままカレー蕎麦にかける」「ご飯にカレー蕎麦のルーをかけてカレー丼として楽しむ」「玉子を溶いて、それにカレー蕎麦を浸けて楽しむ」、この一つの玉子の役割は色々な選択肢を与えてくれて非常に面白いものです。

私は、まずは半分を玉子掛けご飯に、残り半分を溶いた玉子にカレー蕎麦を浸けて頂きました。
蕎麦屋さん独特の出汁が利いた和風のカレーが私は好きなのです、この蕎麦を溶き卵に浸けて食べると、まろやかな味わいが加わって、カレー蕎麦ってこういう楽しみ方もあるんだ〜という再発見がありました。


お蕎麦は、福井県大野産の二八蕎麦の細切りの玄蕎麦(殻の実を付けたまま蕎麦)です。
RIMG3284_2014030916511290c.jpg RIMG3285_201403091651142c6.jpg
カレー蕎麦の具はシンプルに長ネギと豚肉の2種類。
カレーの香りが強すぎないようにでも、風味を活かした、出汁の利いた蕎麦屋さん独特の辛くもなく甘すぎる事も無いカレー、それに細切りで味わいの強い玄蕎麦が調和しております。

最後は、このカレー蕎麦を蕎麦湯で割って頂きます。
RIMG3288.jpg RIMG3289.jpg
蕎麦湯で割ると、とろ〜としてとろみが利いて、いつものあの独特のほっこりとした気持ちになれますね。

御馳走さまでした。

***おまけ カレー蕎麦の歴史について***
カレー蕎麦の発祥は古く明治42年。発祥は大阪谷町5丁目の東京蕎麦主人・角田酉之介(現:東京目黒朝松庵)が、営業不振挽回のため蕎麦に向くカレー粉を工夫して売り出したのが始まりです。大阪で成功し、翌年東京へ帰り、カレー南蛮を取り扱ったが、大正三・四年ころにやっと軌道に乗り出した。

早稲田の三朝庵がカレー南蛮の発祥という説もあります。(ちなみにこの店は、カツ丼の発祥の店でもあります。)
 大学ができると、三朝庵は学生や教授たちで千客万来のにぎわいをみせた。大隈もここの蕎麦を好み、たびたび舌つづみを打っていたという。しかし、それも長くはつづかなかった。早稲田界隈にもカレーの店が登場し、学生たちの人気を奪ったからだ。こうして三朝庵は存亡の危機にさらされたのである。
そこで当時の主人は一念発起、「ご飯にカレーが乗っているなら、うどんにカレーが乗ってもおかしくはないはずだ……」、そう考えたのだった。彼は老舗の存亡をかけてカレーうどんの開発に情熱を注ぎ、試行錯誤ののち、二年後、あのとろみのあるカレーうどんを発明したのだ。一九〇四年ごろのことである。

カレーうどんはたちまちハイカラ志向の学生たちの評判をあつめ、三朝庵はかつてのにぎわいをとりもどしたといわれる。
両論併記しておきます。

参考文献:新島繁『蕎麦の事典』講談社学術文庫
     藤村和夫『江戸蕎麦通への道』NHK出版生活人文庫
     井上宏生『日本人はカレーライスがなぜ好きなのか』平凡社新書
***********
和豊

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:そば(蕎麦) | なにわ橋駅南森町駅大江橋駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
764位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。