お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太郎作 「穴子天丼」「味噌汁」

昼営業だけの天ぷら・天丼屋さんです。
RIMG3269.jpg

店主はこの道50年以上天ぷらを揚げているベテラン、もう80歳近い方ですが、まだまだバリバリの現役です。

店主には色々と信念があるようで、まず店に入っても「席は端の方へ座って下さい。」と言われます。
続いて「禁煙」。(私は、煙草を吸わないのでありがたい。隣で吸われてもご容赦願いますともいいにくいので。。。)
続けて、「携帯電話・タブレット禁止」。

料理ですが、穴子の天丼(800円)と別料金ですが味噌汁(100円)を注文。
RIMG3273.jpg

料理の食べ方、食べる順番も店の指定がございます。
最初に、塩と抹茶を箸で混ぜて下さい。まずは、その塩で鰯の天ぷらを食べて下さい。
それで、どれくらいの塩加減で食べればいいのか、感じて下さい。

天丼の天ぷらですが、紅生姜の天ぷらの載ってる側は、塩で頂いて下さいとのことです。
種で言うと、紅生姜の天ぷら・蓮根・海苔ですね。
他の種は、自由に頂きます。穴子二匹、ししとう、茄子などです。

穴子は、黒門市場から仕入れている泉州産(地のもの)で一度蒸した穴子を使っておられます。
ふっくらとした味わいでほくほくとした味わいで、少々薄口のたれでの天丼としてもあう、またこれも抹茶塩で頂いても合います。

少々、ご飯が少なめです。丼自体が深皿でなく平たい漆器ですので。

最後、追加料金となった味噌汁。出汁の濃厚で門外不出らしいですが、これ絶対に注文を忘れてはいけませんという旨さです。





関連ランキング:天ぷら | 谷町六丁目駅谷町四丁目駅松屋町駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
605位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。