お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば切り、蔦屋


RIMG0522_convert_20110226185346.jpg

<そば切り 蔦屋 >
大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
06-6764-7074
定休日:水曜・木曜
11:30~14:30 17:30~21:00(LO20:00)


場所は、内久宝寺4丁目にあります。
いつもの通りチャリでいったんですけど、内久宝寺は谷町筋をまたいで海側にも山側にもありますのでここを見つけるのに苦労しました。でも、場所は私の好きな自然食の和食の店はこべらさんの近所だったとは。

えーと、谷町筋を挟んで玉造側ですよ。

店の外観は、昔からの町屋で、まさかここがミシュラン1つ星を獲得した店だとは想像もつかない外観で昔ながらの老舗って雰囲気のお店でした。(実はまだ開店して5年しか経ってないんですが。)

実は、この店は前回の天神橋7丁目のたかまさんに行ったときに、名古屋から蕎麦を食べにこられていた高○さんとはしごで行ってみましょうかと話題になったくらいなんです。

これから、味とかについて書こうともいますが、私の食べた蕎麦の中でも一番です。
たかまさんは残念ながらまだ、晩秋の新蕎麦が入ってなかったのですが、蔦屋さんでは運良く頂けました。
新蕎麦はあの緑がかった麺で香りの良さで新蕎麦かが分かりますね。
いまの所、この店の蕎麦が一番好きです。
もちろん、今年の年越しもこの店に行かせて頂こうと思います。

他の方のレビューには、日によって多少のぶれがあるとのことですのですが、良いときにあたれば極上の蕎麦を頂ける事ができますので。

まずは、ほうじ茶を出して下さいます。
別売りもしてるのですが、このほうじ茶がとんでも無く美味しいんです。香りも味も芳醇という言葉がぴったし当てはまるようなお茶でして、次は買って帰ろうかなと思うくらいです。

RIMG0528_convert_20110226185509.jpg


そして蕎麦は細打ちの手惹きの鴨汁蕎麦を。
冬でも、やっぱり冷たいそばを食べたくなるんです。
RIMG0529_convert_20110226185602.jpg

まずは、蕎麦を色が緑かかっていて香りが漂ってるじゃないですか。これぞ晩秋の新蕎麦。
(ちなみに、ここの蕎麦は茨城県産です。)
今年の11月から蕎麦屋を6件ほど回って新蕎麦が食べれたのは2件目。
まずは、出汁にも浸けずに蕎麦だけを頂きます。涙が込み上げてくるくるほど旨い。
この香り十割ですからいうまでもないくらい良い香り、それと十割とは思えないくらいのしっかりとした腰と喉越し。
流石、ミシュラン一つ星、名人芸です•神業です。

RIMG0530_convert_20110226185641.jpg

そして、大好きな鴨汁。まず一口。
他の店のそれよりも濃厚ですね。それと、鴨の脂が甘くて出汁の濃厚さが複雑な旨味を構成しています。
おそらく、鴨の脂の細切れがその味を出しているんでしょうね。
それと、この葱。もしかして白仁田葱。これが旨味のなかで軽やかさもといい塩梅の箸休めとなるんです。

RIMG0531_convert_20110226185711.jpg

この力強い鴨汁に涙ものの新蕎麦の細切りの蕎麦を浸けて、ズズズと音を立てて頂くと
こんな、旨い蕎麦無いですよ。

350円プラスして1枚半にしたけど2枚注文したら良かった。

RIMG0532_convert_20110226185845.jpg

あと、店の人に頼んで塩と「もりのおつゆ」を頂いたんですけどこのつゆが凄い。
ここまで強いもりのつゆ無いですよ。
醤油ベースの濃厚なそばつゆです。

濃いつゆと言えば、藪なんで藪系かなと思いましたけど江戸蕎麦の修行をしたわけでは無いようです。
店主の修業先は泉尾の凡愚さんです。

恐らく他の店で、こんなつゆを出したら、蕎麦に対してつゆが強すぎてバランスが崩れますけど、この店の蕎麦なら対等にやり合えるという位の強さ。

もちろん、塩で食べても蕎麦の旨味がよくわかって美味しいです。

最後に、そば湯で割って鴨汁を飲ませて頂きましたけど。

いやぁ、ほんとに美味しかった。必ず、年越しで食べに行かせて頂きます。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 谷町六丁目駅谷町四丁目駅松屋町駅

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
746位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。