お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山元麺蔵

関西讃岐うどん西国33ヵ所巡礼、30軒目として訪問させて頂きました。
京都で一番人気のうどん屋さん、大阪に住んでいても山元麺蔵の名前は聞こえてきますね。
RIMG2187.jpg
巡礼のリストの中でも行くのが楽しみにしていたお店です。

場所が平安神宮のすぐ近くにあることもあり(因に2軒となりは老舗のうどん屋岡北)、行楽シーズンは観光客が流れてくる、全国のうどんファンが土日に来る
更に巡礼の真っ只中ということもあり、とあるうどん屋さんから山元麺蔵行くなら「開店45分前くらいに行っといた方がいいですよ。下手に行列のピークの時間に当たると2時間半待ちの可能性もありますよ。」との事。
(うどんの種類も多いし、サイドメニューも凄く魅力的な内容で時間かかるのが分かります。)
(昼よりも夜営業の方が、並ぶ時間が短いという噂もあります。)

私は、折角京都まででるので、色々と回りたいですし10時15分位に着いたのですが、既に2人組が並んでおりました。

まずは、この店のサービスの素晴らしさについての話をしましょう。
お客さんが店の前で並ぶのを見ると店員さんが、出てきて店の中から待ち合い用の椅子をお出しして下さいます。
そして、メニューを持って来ると同時に並んでいる間に冷たいお茶を出して下さいます。
料理を食べた後に凍らしたナプキンを出して下さいます。
帰る際に、「店主からうどんどうでしたか?」とお聞きされます。

お客さもの事を考え尽くしたと言えるほどの素晴らしい配慮のできる店ですね。
(この事に関しては、巡礼している人の中で、この店は味からサービスから店の雰囲気から全てが完璧との話がでるだけのことはありますね。)


次は店の雰囲気について。
外観から木の温もりが伝わってくる外観で、奥からカウンター席が連なっていて、店の入り口の方にテーブル席があります。
店の中も京都独特の鰻の寝床というような縦に長い作り。
メニューも和紙に筆で書いて端に押印をするという徹底ぶり。
注文が入った後、料理を出すときの店主の味がしっかりと溶け込んでるお店です。


味に進む前に店主の経歴について。
バレーボールの実業団出身、香川高松での職業訓練で讃岐うどん科をの出身。(現在、高松の方はありません。丸亀のみです。)


「ホルモン浸けうどん」を食べたかったのですが、いいホルモンが手に入らなかったらしく、この日は、頂けませんでした。なので、期間限定の「牛と茄子の香味油のつけ麺(1050円)」と、この店に来たら絶対に食べようと思っていた「土ごぼうの天ぷら(265円)」を注文しました。

あと「ちょっと小さな鶏ささみ天丼(480円)」
RIMG2200.jpg

土牛蒡の天ぷら。
RIMG2205.jpg
薄衣で揚げておりますね。味付けは、特製のカレー塩を自分の好みの量を付けて頂きます。
カレー塩は、香りと味わいの両方を楽しめるという意味もあり面白いですね。
力強い牛蒡の天ぷらですので、それとの相性も考える必要があり、強みのあるカレー塩でした。

うどんは、巡礼している中で最長の長い麺です。
お店の方も、お客様に配慮して麺切り鋏を付けてお出しして下さいます。
RIMG2203.jpg
サービスの面でも書きましたが素晴らしく配慮が行き届いたお店だと思います。

うどんの麺は、今回はつけ麺しか食べていないので、他の食べ方によって麺を変えているのか分かりませんが、
外側2割がふんわりとしていて、中側はしなやかな伸びをした熟成麺。
エッジも立っており、艶やかな味わいのうどんですね。

この巡礼でつけ麺タイプの饂飩を3店舗で食べたのですが、どこの店も外側はふんわりさせた食感の麺が多いような気がします。(麺を打ち分けているのかな??)

スープは香味油(白ネギ・生姜・ニンニクを数種の油で炒めたもの)で香りを立ち昇ってきます。。
RIMG2204.jpg
出汁は、きっちりと鰹で取ってしみじみとした旨みが漂う味わいです。
肉からの味わいに膨らみをもたせていますね。茄子は油を吸うと旨味が倍増してますので相性もぴったしでした。

この店は、また京都の方に用事を作ってでも再訪したい店ですね。
ありがとうございました。

《主なお品書き》
RIMG2193.jpg RIMG2194.jpg

RIMG2195.jpg RIMG2196.jpg

RIMG2197.jpg RIMG2198.jpg




関連ランキング:うどん | 東山駅蹴上駅三条京阪駅







スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
670位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。