お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御陵院 香雅

梅新の食堂街にある人気店でございます。

RIMG1101.jpg
店に着いたら、外に並んでおりました。(写真は他のお客さんが写らない角度で取ってます。)

前の人(40代前半の男性、ここから良く登場しますのでAさんとでもしておきます。)が「兄ちゃん11人待ちやで…。」
「それにしても、若いのに蕎麦屋に並ぶって珍しいな〜」
「いえいえ、実は凡愚が20日から新年度の開店ですので行けなかったんですわ。」
「えらい、蕎麦好きやな。」
「蕎麦の食べ歩きが趣味なんか?」
「いえいえ、そんな蕎麦だけ食べ歩きなんか、東京にはいても大阪ではそんなおるんですか。まぁ、全然詳しくも無いですけど、ただ食べるのが好きなだけで…。」
「一人で食べ歩きか?寂しいな。若いんやから姉ちゃんと一緒に食べにこな(あんたも一人やん…。)。何歳やねん?」
「20代の後半です。(この時は実年齢明かしてますが、ネットで実年齢さらしたく無いので)」
「そら、ええ歳やんか。はよ、いい人みつけて身固めんとな。(親戚のおばちゃんやないんやから…。でも確かに焦りはあります。)」
ほんと、食べ歩きしてましたら色々な方に合うものです。

「所で、あそこのうどん屋の隣に並んでる浸け麺屋はどう思う?」
「××××××××××××××××××××ですね。」
「そうか、やっぱりそう思うか。同じ事思ってたるな。」
「まぁ、ラーメンの麺はどうあがいてもカン水遣ってる以上、蕎麦にはかなうはずが無いので。」
「カン水の事までいうか。兄ちゃん通やな。」

そんなこんなで、喋っているうちに、「彼女が来たわ」この方の奥さんのようです。
奥さん「あんた、何アホなこと喋ってるの。店じゃ大人しいにしときや。」
奥さん来てから急に静かになりました。
因に店でも、店員さんから「今日はどないしたんですかいつもと違いますね?」と。
「大人しいに。」足踏まれてました

20分待ってたら店内へ入れました。
食べたのは、鴨せいろの1枚半。
RIMG1098.jpg

蕎麦は二八の蕎麦で。蕎麦は北海道産。
RIMG1102.jpg
蕎麦の生産量のシェアでみると北海道が一位で43%なのです。


で、ここの蕎麦は細切りで喉こしも悪く無い。ただ、腰は弱めですね。

鴨汁の前に、何も付けずに蕎麦を、その後に塩で、もりそば用のつゆも付いてくるのですが。
つゆだけなめてみると、どっぷりと浸してつけて食べても、濃くて辛いなと思わなかったです。


で、鴨椀はどうたったか?
RIMG1096.jpg
醤油のベースの利いた濃い口の鴨汁でして、麺との相性もいいですよ。
この濃い口は、そば湯で薄めて半分飲んだ後で、もう一回そば湯で薄めても十分な濃さを感じますので美味しかったです。

最後に味の点数を3.5とした理由ですが、お皿の下にざるを敷いていないので、最後の方に食べる下の方の蕎麦が、ふやけてしまっていて切れやすく、最初の方で食べた時の蕎麦に比べて味が落ちてしまうという理由で、減点しました。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
707位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。