お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再訪】そば切り文目堂 「おろし蕎麦の温蕎麦」「もろみ豆腐」「えび煮豆」「こもちこんにゃく」「ひろうすのみぞれ煮」

とある蕎麦好きの方と、こちらの店で夕食を頂きました。
まず蕎麦前は、もろみ豆腐(200円)・えび煮豆(100円)・子持ちこんにゃく(500円)・ひろうすのみぞれ煮(400円)

それにお酒は、「風の森(奈良)純米こぼれ酒(700円)」を。(旨い蕎麦屋は聞いた事無い地酒を置いていて、それが旨い。)これは、旨い蕎麦屋を探すポイントの一つです。
少し、辛口で切れのある純米酒でした。

この店は、蕎麦前が安く種類も豊富。東京の方の蕎麦屋では蕎麦前が充実している店が多いのですが、大阪の蕎麦屋で蕎麦前の種類が豊富な店というのは限られる。
もろみ味噌は豆腐を味噌に漬けて発酵させたもので、チーズのようなねっとりとした食感で、濃厚で味噌の味わいがあってやはり日本酒との相性いいですね。

海老煮豆は、桜海老と一緒に大豆を煮付けたもの。薄めの味付けで豆の柔らかく噛んだ時のす〜といった噛んだ時の食感がいいですね。ひろうすとはがんもどきのこと。この店のひろうすは中に銀杏が仕込んでありました。その上に大根おろしを入れて一緒に薄味の出汁で煮料理。

蕎麦は、私はおろし蕎麦の温蕎麦を頂きました。それと、一緒にいった方の粗挽きのざる蕎麦を。
おろし蕎麦の温は、ほかの蕎麦前の料理と同じで出汁が薄めの昆布と鰹の一番出汁だけで作ったのでしょうね。
味わいは薄味だが、香りが良く蕎麦の上品さを引き立てております。

ただ、残念なのが粗挽きのざる蕎麦
蕎麦つゆ・蕎麦両方とも非常にレベルが高く、いい蕎麦なのは分かりますが蕎麦つゆと麺との絡まない。
蕎麦つゆがもう少しとろみを付けるなどして、蕎麦に蕎麦つゆが馴染むようになってほしい。
この蕎麦は、つゆに蕎麦をつけても食べる時にそばにつゆがついてこないのが顕著に感じ残念でした。

※今回は、諸般の事情で写真はございません。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 谷町六丁目駅松屋町駅谷町四丁目駅


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
605位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。