お蕎麦の世界。鮨・天ぷらの世界。たまに饂飩。

不可解な値上げは勘弁願いたい。。。

Category [もり蕎麦  ] 記事一覧

スポンサーサイト

そば処みやさか

諏訪大社下社秋宮へ訪問した際に寄りました。諏訪大社は別のと所で書きたいと思っております。この界隈は何軒か蕎麦屋さんが並んでいるようですが、こちらの店は蕎麦の実から自家生産・手打ち蕎麦という事で選ばせて頂きました。店内はテーブル席でそこに囲炉裏があるという民芸スタイルで中々雰囲気のある店、期待感が湧いてきます。。お品書きは、下の写真の通りですが、その中で頂いたのはもり蕎麦(750円)。ざるそば(800円)との...

【新店】荒凡夫 蕎麦前と蕎麦三昧

正式にオープンしたようですが、プレオープン中に伺いました。場所は、なにわ翁・和豊と近くに蕎麦屋さんがひしめく西天満。裁判所の直ぐ近くにあります。我孫子の和さんの紹介で、是非とも荒凡夫へ行って下さいと薦められての訪問です。店は、木の玄関とまっさらな白い暖簾が印象的な新店です。(プレオープンの時だったので正式オープン後は追加があるかもしれません)メニューは、蕎麦は「もりそばの種類が二八・十割・粗挽き」「...

玉笑「焼味噌」「粗挽きせいろ」

東京へ行った際に寄った蕎麦屋さんの一つです。タイヤ本の評価で一ツ星の評価を受けた店でして、行列必至と聞いていたのですが、開店前に伺ったことで一番目のお客でした。この後、続々とお客さんが入ってきます。(他の地域へ行く時やあまり詳しく無いジャンルの店を知るのに、便利なんですけどこの本の関係で行列無しに食べれなくなった蕎麦屋さんが何軒がとんでも無い行列で、行きにくくなったなど一長一短です。)事前情報による...

樽屋玄助 「もり蕎麦」「味噌天丼」

この日のお蕎麦は、信州の素材と料理を売りにしている蕎麦屋さん「樽屋玄助」を訪問致しました。この店は、四ツ橋の「ぼっかけや」のセカンドブランドとして、2013年4月15日にオープンしたお店です。ブログや食べログを観ていると殆どの方が、「安曇野セット」(1050円)」を頂いているようです。安曇野セットの内容は以下になります。 サーモンの笹寿司か味噌おにぎり。 信州のもえぎ豆腐 本日の小鉢 安曇野の北部大町市八坂の...

和 「熟成蕎麦」「蕎めし」「そばチョコ」

いつも参考にさせて頂いているチヌ太郎さんが絶賛しておられる蕎麦屋へ行って参りました。「事前にHPを観ると暮坪カブ(貴重な食材)を使っている蕎麦がある、他で食べることが難しい熟成蕎麦なるものが頂ける。」この2点だけでも行く価値があります。今回は熟成蕎麦を頂いたので、例の暮坪カブ(辛子大根に匹敵する辛い薬味らしい)は必ず他の機会を探して頂くようにします。店は、地下鉄御堂筋線あびこ駅から少し歩いた所にあります...

ご案内

プロフィール

求道者

Author:求道者
そのフランス人の客は、こう言いました。
「この店は、予約が取れなくて困っているんだ。
他に美味しい店があったら教えてくれないか」。(ジャン=リュック・ナレ
『世界でいちばん小さな三つ星料理店 奥田 透 (著) 』より

蕎麦屋さんを中心に書いておりますが、蕎麦通ではありません。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1769位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
605位
アクセスランキングを見る>>

地域別カテゴリー

右サイドメニュー

検索フォーム

リンクツリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。